探偵へ依頼する調査内容で料金が違う

調査内容の違いで料金も違う

探偵へ依頼して、料金がそれぞれ違ってくる理由に、探偵事務所、興信所それぞれの調査会社の料金設定が違うということ。そして、料金プランが違うことが今までの解説で少しわかったと思います。

探偵の調査料金が違う理由は、まだあります。

それが、調査内容によって違う調査料金です。

探偵は、浮気調査や人探し調査、企業信用調査、盗聴器発見調査といった調査があります。これらの全ての調査が全て同じ金額で調査を行っているかと聞かれると、答えはNOです。

浮気調査ならば、浮気調査の調査料金があり。人探し調査なら、人探し調査の料金設定があります。これは、調査内容の違いによって生じる料金の違いです。

浮気調査だったら、基本的な調査は、調査員による尾行や張り込み調査になります。
また、調査には必ず浮気現場を証拠写真、証拠映像として残すための機材を数台持ち込んでいるはずなので、これらの機材料金などの諸経費も発生します。

ですが、一方で、人探し調査の場合には、複数人の調査員を必要としない場合もあります。また、捜索をする人物の状況などから、捜索の難易度にも違いがありますので、捜索に掛かる人員から調査の時間までに違いがあります。

そのため、料金が浮気調査よりも高くなる場合もあれば、一件の捜索に数万円という格安で調査結果を出すことも出来るのです。
全ての調査の料金が一律ではなく、調査内容によって料金が変化することを覚えておきましょう。